インターネット

仕組み

【関連項目】

WWWプロバイダWebページWebブラウザハイパーリンクオンラインストレージ

【学校事務での具体例】

学校のインターネットはどのような接続形態であり、業者または自治体とどのような契約(接続形態)をしているか。接続トラブルには誰が対応するか。

【ポイントと解説】

☆ インターネットの仕組みについて理解する

・インターネットは全体を統括するコンピュータの存在しない分散型のネットワークのこと。世界に無数に散らばったサーバコンピュータが相互に接続され、少しずつサービスを提供することで成り立っている。

・World Wide Web・・・HTMLという言語で記述し、画像や音声など文字以外のデータや、ハイパーリンクを埋め込むことができる。インターネット標準のドキュメントシステムとして普及し、現在では世界規模での巨大なWWW網が築かれている。インターネットで最も多く利用されるアプリケーション。

☆ 学校等の接続状況について理解する

・インターネットに専用回線で接続する必要がある。一般家庭は公衆回線(ISDN回線・ADSL回線等)からインターネットに接続してくれるインターネットサービスプロバイダと呼ばれる業者と契約する必要がある。学校の場合は自治体のイントラネットにつなぐことも多い。

・オンラインストレージ・・・インターネット上でファイル保管用のディスクスペースを貸し出すサービス。職場と自宅間のデータのやりとりや、複数人でのデータの共有などが行える。利用できる容量は数MB~100MB程度のサービスが多い。

活用

【関連項目】

ブログSNS文字コード電子掲示板レンタルサーバインターネット電話

【学校事務での具体例】

学校のホームページを作成するにあたって、どんな手続きをとっているか。 掲示板等に児童生徒の個人情報の書き込みがあった場合はどう対処するか。

【ポイントと解説】

・個人を特定できる情報(文書や写真等)は原則として掲載しない。また掲載や更新にあたっては学校長の決裁、(保護者の同意等)を得ておく必要がある。それらも情報管理規定等で定めておく。

☆☆ インターネット(携帯サイト)上でのトラブルや対応策について理解する

・SNS(ソーシャルネットワーキングサービス)やブログ(ウェブログ)、掲示板等での書き込みなどのトラブルに対しては、関係機関へ報告すると同時にサービスサイトに対し、削除を依頼するなどの対応をとる。

☆ 個人情報漏えい

☆ 詐欺

ネットワーク/インターネット.txt · 最終更新: 2011/02/10 13:37 by itjyouhouka
CC Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported
www.chimeric.de Valid CSS Driven by DokuWiki do yourself a favour and use a real browser - get firefox!! Recent changes RSS feed Valid XHTML 1.0